シェアハウス・ゲストハウス・賃貸・国際交流・旅・世界一周・留学・ボランティア・英語・マッチング・サークル・料理
move share house

シェアハウスとルームシェアの違いとは?メリットとデメリットで完全比較

管理会社が居て、シェアハウスを運営している会社に入居する場合と、友達と一緒に2LDKなど大きめな賃貸を借りて、一緒に住むルームシェアとあります。

どちらも誰かと一緒に住むという選択肢ですがシェアハウスとルームシェアは契約内容が全く違うため、どちらもメリットとデメリットがあります。

本記事は違いをご紹介したうえで、2つの選択肢をメリットとデメリットを解説し、最終的なおすすめをお伝えします。

ちなみに私もシェアハウスとルームシェア両方経験していて、どちらの良さ悪さも感じています。

ぜひ最後まで読んでいただき、誰かと一緒に住むときには参考にしてみてください。

シェアハウスとルームシェアの4つの違い

move share

シェアハウスとルームシェアの違いは大きく言うと友達と住むか、他人と住むかです

お部屋の借り方や契約の内容も違うためシェアハウスかルームシェアを選ぶ場合は自分に合った方法を選びましょう。

【シェアハウスとルームシェアの違い】貸主が違う

シェアハウスは管理会社が運営しています。そのため入居するときはシェアハウスの管理会社と賃貸借契約を結びます。

それに対してルームシェアは普通の賃貸を借りるように、賃貸会社と契約を結びます。

借りる名義の人と同居人登録をすることでルームシェアとして住むことができます。

【シェアハウスとルームシェアの違い】他人と住むか友人と住むか

シェアハウスとルームシェアの大きな違いがはじめましての他人と住むか、友人と住むかです。

シェアハウスは自分自身が入居する際は新しい人と出会うのはもちろんですが、入れ替わりがあるため、長く住んでいても新しい人が入居してくる可能性もあります。

シェアハウスに対してルームシェアはずっと同じ友人と過ごすことになるため気を使わない日常を過ごすことができる反面、交流する人が友人に限られてしまいます。

【シェアハウスとルームシェアの違い】ルールが違う

シェアハウスとルームシェアではハウスルールが違います。

シェアハウスは管理会社により運営されています。

そのため多くのルールや契約が結ばれています。

1つは掃除です。業者が入って掃除をしている場合と、掃除ルールを設けてハウスメイトで掃除当番を回している場合とあります。

洗濯機の使用時間や、電気ストーブを使えないなどシェアハウスによってもルールが違います。

反対にルームシェアは友人と住みながら一緒にルールを決めれるため、融通がききやすいです。

ルールがはっきりしていない場合は問題が起こった際にぶつかり合う事もあります。

【シェアハウスとルームシェアの違い】家具家電を用意するかしないか

シェアハウスは元々家具家電があります。そのため何も用意しなくても住むことができます。

シェアハウスとは違いルームシェアは賃貸で借りるため家具家電の用意が必要です。

家具家電を友人と一緒に選んで揃えるのも魅力とは言えますが、その分費用もかかります。

シェアハウスとルームシェアのメリットとデメリット

walk people

 

違いがわかったところで、実際にシェアハウスとルームシェアのメリットデメリットは何でしょうか?

メリットデメリットを解説しているので、参考にしてみてくださいね。

シェアハウスの3つのメリット

他人と暮らす、シェアハウス。

シェアハウスのメリットを3つお伝えします。

多くの人との関わりを持てる

シェアハウスのメリットは、新しい出会いがある事です。

入居する時、知らない人と暮らす不安はありますが、慣れると家族同様の関係性になれます。

しかもずっと同じメンバーだけではなく、新しい入居者も来たりするので、人脈が広がるのが大きなメリットです。

契約があるので、何か問題が起こった時に安心

シェアハウスは管理会社が運営してくれています。

ハウス内で人間関係のトラブルや設備が故障したときは、管理会社に連絡をしてすぐに対応してくれます。

人間関係のトラブルはなかなか解決できない場合もありますが、管理会社が間に入ってくれる安心感はルームシェアとは違いますね。

管理が簡単

ルールがしっかりと決められているため、掃除や買い出しなどの管理が簡単です。

業者が掃除入っているところは、そのままお任せ出来ますし、共用で使う消耗品も管理会社が補充してくれる場合もあります。

当番制のシェアハウスでは週に1回担当を決めて掃除や買い出しに行くなど1人の負担が軽いのもいいですね。

シェアハウスの3つのデメリット

他人と暮らすシェアハウスのデメリットとは何でしょうか?

シェアハウスのデメリットを3つご紹介します。

他人なのでトラブルが起こりがち

住んでいると、掃除に対する綺麗度合いの違いや、音のトラブルなどさまざまな問題が出てくる場合もあります。

特にまだ仲良くなりきれていない時に起こってしまうと、そこから仲良くなりづらい状態になってしまいます。

コミュニケーションを取ってお互いの妥協点を見つけることがシェアハウスの住みやすさに関わってくるため、シェアハウスではあまり期待をしすぎないのもトラブルを避ける1つだと思ってください。

管理会社のルールがしっかりしていないと大変

管理会社でも当たり外れがあります。

大手のシェアハウスはしっかりとしたルールを設けているところがほとんどですが、個人で運営をしているシェアハウスはルールが設けれていない場合もあります。

ルールがしっかりと設けれていないことで、ハウス内の掃除が出来ていなかったり、トラブルが頻繁に起こります。

口コミなどをみてルールがしっかりあるのか、会社がちゃんと経営をしているのかを調べておきましょう。

ルームシェアより賃料が比較的高い

シェアハウスによりけりですが、最近ではコンセプトシェアハウスなども増えてきています。

コンセプトシェアハウスとは防音室があり音楽家が集まるシェアハウスや、ペットOKのシェアハウスなどです。

そのようなシェアハウスは付加価値として通常のシェアハウスや賃貸に比べて若干高めに設定をしています。

その分交流が盛んだったり、入居者の質が高かったりするので、よりいいコミュニティに入りたい場合は、お金を少し多く払ってでも入居するのもおすすめです。

ルームシェアの2つのメリット

続いて友人と暮らすルームシェアです。

まずはルームシェアのメリットを2つご紹介します。

友人なので、安心して暮らせる

「他人と一緒に住むのは不安」「知っている人と暮らしたい」と思う人も多いと思います。

他人と住むのが不安だけど誰かと一緒にシェアをしたい人は友人とのルームシェアがおすすめです。

気の知れた仲の友人との暮らしで、趣味や価値観があった人と暮らすことができるのが魅力ですね。

入居をするハードルが低い

友人と一緒に2LDKなどの物件を探して入居するので、こだわりがなければすぐに場所が見つかります。

礼金や賃料もルームシェアの人数で分けれるので、負担額も少なくなるのも魅力的ですね。

今まで1人暮らしをしたことがある人は契約の仕方や支払い方法なども一緒なので安心して手続きができます。

ルームシェアの2つのデメリット

友人と暮らすルームシェアのデメリットもあるのでしょうか?

ルームシェアで住む場合の2つのデメリットをお伝えします。

友人の嫌な部分も見えてくる

普段外で会っていると仲良く楽しかったのに、一緒に住むことで価値観の違いに衝突が起こります。

その場合はコミュニケーションとって解決できればいいですが、解決ができないと友人としても続けれない関係になってしまいます。

友人と住む場合は最悪の場合、喧嘩をしてしまい縁がきれる可能性もあるので注意が必要です。

退去するときに契約がややこしい

ルームシェアで誰かが家を出る際に解約となると、家具家電の処分や同居人の都合で新しい家を探さないといけなくなります。

ルームシェアはお互いが何年は一緒に住むと決めたとしても、途中で予定が変わってしまって出るときには手続きが大変ですし、解約金もかかってしまう場合があります。

退去するときは、事前に「退去にかかる費用を折半する」など取り決めを行なっておきましょう。

シェアハウスかルームシェアのどっちがおすすめ?

結局のところシェアハウスとルームシェアはどちらがおすすめ?
個人的にはシェアハウス、だけど気をつかいなくないなら仲のいい友人とルームシェア!

シェアハウスは新しい人との交流ができ、人脈を増やし自分の価値観を広げることができます。

ただ単に交流をして住むだけではない経験を得たい人にはおすすめです。

より落ち着いた生活をしたくて、気をつかわずに過ごしたい人はルームシェアがおすすめです。

交流をしたい人はシェアハウス、気を使わない関係で居たい人はルームシェアを選んでみてはいかがでしょうか。

自分に合ったスタイルを選んで、シェア生活を楽しみましょう!

move share house
最新記事をチェック!