シェアハウス・ゲストハウス・賃貸・国際交流・旅・世界一周・留学・ボランティア・英語・マッチング・サークル・料理
share house guest house

今さら聞けない?シェアハウスとゲストハウスの違い【メリット・デメリット別】

今さら聞けない?シェアハウスとゲストハウスの違いを詳しく解説します。

  • シェアハウスとゲストハウスって一緒じゃないの?
  • 両方とも外国人が住んでいるイメージ。
  • シェアハウスもゲストハウスも長期間滞在できるの?

などシェアハウスとゲストハウスって実際には何が違うのかわからない方もいるのではないでしょうか?

本記事はシェアハウスとゲストハウスの違いを詳しく解説していきます。

シェアハウスとゲストハウスの大きな違い

friends

シェアハウスとゲストハウスを簡単に説明すると以下の通りの違いとなります。

シェアハウス ゲストハウス
  • 自宅用
  • 1ヶ月以上の長期間滞在
  • 住民票を登録ができる
  • ホテルのような宿泊施設
  • 1泊から滞在が可能
  • 長期間利用も可能
  • 基本的には住民票の登録が不可

シェアハウスとゲストハウスのよくある質問

シェアハウスとゲストハウスの違いを知ったうえでシェアハウス、ゲストハウスのよくある質問に回答していきます。

参考にしてみてください。

シェアハウスは短期間で何ヶ月から住めるの?

シェアハウスに住んでみたいけど、どのくらいの期間住めるか気になる人もいるのではないでしょうか。

シェアハウスの会社により違いますが、最短で1ヶ月から滞在が可能で、年齢制限がない限りずっと住み続けることができます。

ゲストハウスは長期滞在はできるの?

ゲストハウスは長期間の滞在が可能です。

ゲストハウスは通常であれば1泊などの短期滞在用ですが、マンスリーなどの月契約も可能となっています。

ちなみに4人部屋などのドミトリーが多いですが個室があるゲストハウスもあるため、プライバシーを重視したい人は問い合わせしてみましょう。

シェアハウスとゲストハウスのメリットは?

では実際にシェアハウスとゲストハウスのメリットは何でしょうか?

シェアハウスとゲストハウスのメリットは以下の通りです。

シェアハウス ゲストハウス
  • 同居人との交流ができる
  • 長期間のため深い関係になれる
  • 住民票を登録できる
  • 毎日宿泊者が入れ替わるためより多くの人と交流ができる
  • 宿泊施設のため掃除をしなくてもいい

シェアハウスでは、他の入居者の方も長期滞在の方がほとんどのため、深い繋がりを作る事ができます。

毎日食住を一緒に共にすることで、友人を超え家族の関係になる事ができます。

ゲストハウスでは短期間の滞在が多く、ずっと一緒にいる人は少ないですが、より多くの人と交流することができます。
毎日違う人が入って出て、毎日新しい人とあいさつをして仲良くなって、の繰り返しです。

シェアハウスとゲストハウスのデメリットは?

次にシェアハウスとゲストハウスのデメリットを紹介します。

以下ご参照ください。

シェアハウス ゲストハウス
  • 同居人とのトラブルが発生する場合がある
  • 掃除をしないといけない
  • 深い交流ができない
  • 宿泊施設のため長期間滞在だと少し高い
  • 住民票が登録ができない※相談により対応可能の場合あり

シェアハウスとゲストハウスのメリット・デメリットは人により感じ方は違います。

実際に住んでみてデメリットに感じていた部分も慣れる人もいます。

シェアハウスとゲストハウスの違いを知って検討してみよう

いかがでしたでしょうか。

シェアハウスとゲストハウスの違いを知って一度住んでみるかを検討してみてください。

短期間の滞在が可能なため、今1人暮らしをしている方でも数日間だけ、1ヶ月間だけでも試してみてはいかがでしょうか?

 

share house guest house
最新記事をチェック!